足の裏

フロッグハンドの効果的なトレーニング方法を徹底解説!リングタイプやトレーニングチューブの違いは?痛いときの対処法も紹介

 

フロッグハンドは足指や足裏を効果的に鍛えるトレーニングツールです。

運動不足や怪我のリハビリなどに効果があり、柔道整復師やプロのトレーナーからも高い評価を得ています。

フロッグハンドの効果的なトレーニング方法や痛いときの対処法、どのような人に向いているのかをみていきましょう。

またソフトタイプ・ハードタイプ・リングタイプの選び方やトレーニングチューブとの違いを紹介します。

フロッグハンドとはどんなもの?フロッグハンドでできることは

女性、足 フロッグハンドはどのような器具なのでしょうか?

またフロッグハンドでできることを紹介します。トレーニングチューブとの違いもみていきましょう。

フロッグハンドは足指を鍛えるトレーニングツール

フロッグハンドは文字通り「カエルの手」のような形状のシリコン樹脂製のトレーニングツールです。

四股に分かれている部分を足指ではさんで使い、足指や足裏を鍛えることができます。

元プロ野球選手やプロトレーナーに考案・監修を受けている商品で、プロスポーツ選手からも高い評価を受けています。

FFT(フットフィンガートレーニング)というメーカーが製造・販売を行っている商品です。

足指や足裏を鍛えるメリット

足指や足裏を鍛えることはプロスポーツ選手の中では当たり前になっています。

日本初のNBA選手となった田臥勇太選手が念入りに行なっていることでも知られるトレーニングです。

足指や足裏の筋力が弱くなると踏ん張る力が弱くなったり、扁平足になったりします。

運動時に地面に伝える力が弱くなり、クッションの役割も果たせなくなります

そのため疲れやすくなったり怪我をしやすくなったりすることが多いです。

足指や足裏を鍛えることでこれらの悩みを解消し、以下のようなメリットが生まれます。

  • 踏ん張る力が増してより多くの力を伝えられる
  • バランス力がアップする
  • 転倒予防
  • 怪我予防
  • 扁平足の改善
  • 疲れにくくなる
  • 歩くスピードが上がる
  • ふくらはぎのポンプ機能がアップする
  • むくみ予防
  • 外反母趾の改善
  • 足底筋膜炎の予防

フロッグハンドで鍛えられる箇所は足指だけじゃない

フロッグハンドは足指と足裏以外にも、ふくらはぎ・足の甲・スネ・股関節を鍛えることができます。

どの箇所も運動効率を高め、怪我を予防するために重要な部位です。

またスクワットやランジなどに取り入れることでトレーニングの効果を高めることができます。

また、ストレッチに使用することもできます。

トレーニングチューブとの違い

フロッグハンドとトレーニングチューブとの一番の違いは「使いやすさ」です。

フロッグハンドは足指ではさんで使うことに特化して作られています。

指ではさみやすいように四股に分かれており、先端にボールが付いているので足指でつかみやすい形状をしています。

トレーニングチューブはさまざまなトレーニングができるのが利点ですが、足裏・指に特化したものではありません。

足指全てではさむことは難しいですし、つかんで引っ張ったときに外れることもあります。

フロッグハンドはこんな人におすすめ

ランニングフロッグハンドは以下のような人におすすめです。

より高いパフォーマンスをしたいアスリート

フロッグハンドはプロスポーツ選手やBリーグ、Jリーグのチームからも高い評価を受けています。

より高いパフォーマンスをしたいアスリートのコンディショニングやトレーニングに有効です。

体幹トレーニングやバランスアップのトレーニングで使うこともでき、通常よりも高い効果を得られます。

健康な体作りをしたい人

会社員健康維持をしたい人にもフロッグハンドはおすすめです。

怪我を予防し疲れにくい体を作るためにフロッグハンドを活用しましょう。

また、むくみやすいという人にもフロッグハンドは好評です。

運動不足の人や疲れやすい人

運動不足の人は足裏の筋肉が固まっていたり筋力が低下していたりします。

そのため疲れやすくなり、余計に運動から遠ざかってしまうという悪循環に陥りがちです。

フロッグハンドは場所や時間を問わずに簡単に行えるので、少しずつ足指・裏の筋力アップができます。

座り仕事が多い方はもちろん、立ち仕事や外回りで歩くことが多い人にとってもおすすめです。

怪我後のリハビリ

怪我が治ったあとのリハビリにもフロッグハンドは最適です。

かける負荷の強さは自分の体力に合わせて調節できるので、徐々に強くしていくことができます。

足底筋膜炎や外反母趾で悩む人

足の裏に痛みが出る「足底筋膜炎」の方や外反母趾で悩む方にもフロッグハンドが有効です。

足底筋膜炎は悪化すると歩けないほどの痛みが出ますが、フロッグハンドを使うことで痛みの予防になります。

また外反母趾の改善にフロッグハンドを使う人も多く、高い評価を受けています。

加齢によって筋力が低下している人

加齢によって筋力が低下している人でフロッグハンドを利用している人は多いです。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP