腹式呼吸

腹式呼吸正しいやり方を解説!腹式呼吸の効果と簡単な練習方法とは?メリットと習慣化するコツや胸式呼吸との違いも確認しよう

 

ストレスが溜まりやすい現代において、腹式呼吸はリラックス効果の高いものとして注目されています。

しかし腹式呼吸のメリットは、他にも沢山存在しているのです。

胸式呼吸とは何がちがうのかを比較し、腹式呼吸の効果を確認していきましょう。

また簡単な練習方法や、習慣化させるコツもしっかり伝授いたします。

正しい腹式呼吸をマスターして、健康的に毎日を過ごしてみませんか。

腹式呼吸と胸式呼吸の違い

深呼吸

腹式呼吸は体にいいとよくいわれていますが、胸式呼吸との違いは一体何なのでしょうか。

二つの呼吸法の違いを比べていきましょう。

腹式呼吸は副交感神経を優位にする

多くの人に広く知られていることは「腹式呼吸がリラックス出来る呼吸」である、ということです。

一定のリズムを保ち、ゆっくりと腹式呼吸を行うことで副交感神経が働きやすくなります。

副交感神経が働くと心拍数がへり、身心共に穏やかな状態になるのです。

下記で詳しく紹介していきますが、この他にも胃の消化が進んだり、血圧が低下したりします。

ストレスが溜まりやすいという人は、交感神経が活発に活動しているはずです。

腹式呼吸を行うことで、ストレスの発散にも繋がるのではないでしょうか。

胸式呼吸は活動的になる呼吸

一方、胸式呼吸は交感神経を優位にする呼吸法です。

全てにおいて腹式呼吸がいいというわけではなく、胸式呼吸にもメリットは沢山存在してます。

胸式呼吸は交感神経を刺激するので、血圧が上がり朝の目ざめにはぴったりの呼吸です。

また運動時などは、緊張感を保つためにも胸式呼吸がおすすめです。

普段は胸式呼吸になりやすい

私達の生活の中では、無意識に胸式呼吸と腹式呼吸を使用しています。

主に活動時には胸式呼吸、リラックス時や就寝時には腹式呼吸を使用していますが、近年はこのバランスが崩れつつあるのです。

ストレス社会の現代は、多くの人が浅い胸式呼吸に偏りがちで体調を崩す人も増えています。

日常の生活では何事もバランスが大切ですが、呼吸もバランスが大切といえるでしょう。

特に女性は男性に比べて筋肉量が少なく、多くの人が胸式呼吸に偏っているのが現状です。

ヨガで使用される腹式呼吸

腹式呼吸と聞くと、ヨガを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ヨガには様々な呼吸方法がありますが、第一段階として使用するのは腹式呼吸となっています。

身心の解放やリラックスを求める為に、副交感神経を優位にさせていくのです。

瞑想を生活の中に取り入れている人も多くなってきましたが、この時も腹式呼吸を使用することになります。

ピラティスで使われる胸式呼吸

腕立て伏せ

ヨガと人気を二分するピラティスですが、こちらはボディメイク的な要素が強いものです。

ピラティスは怪我人のトレーニング用に編み出されたものなので、筋トレが中心となっています。

ゆえにピラティスでは、胸式呼吸を使っていくのです。

交感神経を働かせることは、筋肉トレーニングに向いています。

基礎代謝を上げる為に、トレーニングと組み合わせてマスターしたい呼吸といえるのではないでしょうか。

意識を向けるべきは腹式呼吸

一般的に、日中は無意識に胸式呼吸をしています。

腹式呼吸を正しく行うには、筋肉トレーニングにも似たトレーニングが必要といえます。

実際に腹式呼吸を行ってみると、意外に難しく感じるのではないでしょうか。

腹式呼吸は横隔膜を使用し行う呼吸法なので、肩の上下はありません。

しかし、腹式呼吸をすると肩も一緒に上がってしまう人が多いようです。

肩が上がるのは正しい方法ではありません。

つまり腹式呼吸をマスターするということは、腹部周辺の筋肉を鍛えることになるのです。

正しい腹式呼吸をマスターするまでは、少しずつ練習を積み重ねていきましょう。

気持ちを落ち着かせたい時は、呼吸に意識を向けて深い腹式呼吸を行うことをおすすめします。

腹式呼吸のメリット

元気

腹式呼吸には多くのメリットが隠されていますが、特に注目される効果を確認しておきましょう。

便秘の改善

腹式呼吸をマスターすると腹圧をかけることが出来るようになる為、排便がスムーズになるでしょう。

また副交感神経が上手く活動することで、直腸の筋肉が動き便を押し出す働きをしてくれます。

ストレスで便秘になるというのは、交感神経が過剰に働くことで直腸の筋肉を緊張させ排便を滞らせてしまうのが原因なのです。

便秘の改善と同様に、副交感神経の働きで胃腸の働きも活発になり消化から排便までスムーズに進むのではないでしょうか。

ダイエットになる

腹式呼吸は腹部のインナーマッスルである腹横筋や多裂筋、そして骨盤低筋群などを使用します。

腹部の筋肉をトレーニングすることになるので、引き締まった腹部を目指すことも可能です。

また腹部のインナーマッスルを鍛えることは、腸下垂の予防にもなるので下腹が気になる人にもおすすめの呼吸法です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 腹式呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP