赤いダンベル

筋トレに役立つ!オススメのトレーニング器具

 

一歩進んだトレーニングライフを送ろう

ダンベルトレーニングを行う凛々しい男性

腕立て伏せやスクワットなど自重でトレーニング出来るメニューをこなしてきた方が、もっと積極的にトレーニングするために専用の器具を購入する場合、どんな器具を買えば良いのでしょうか。
或いは、筋トレ初心者であっても使いやすい器具はどんなものなのでしょうか。

ここでは器具ごとの特徴の他、価格面も考慮しながら取り入れやすいトレーニング器具をご紹介します。

プッシュアップバーで腕立て伏せの回数をこなす

プッシュアップバーを使って腕立て伏せをする男性

腕立て伏せは様々な部位を同時に鍛えられる非常に優れたトレーニングとして知られています。
腕立て伏せで主に鍛えられるのは次の部位になります。

  • 二の腕の引き締めに繋がる上腕三頭筋
  • 胸板を厚くしてくれる大胸筋
  • 逞しい肩を作り上げる三角筋

男らしさをアピールする部位を網羅しているといっても過言ではないでしょう。

ただトレーニングを始めたばかりの時に、手首に掛かる負荷のために限界がきてしまい回数をこなせない、鍛えたい筋肉を追い込むことが出来ない、という方は割と多いようです。
こんな時に役立つのがプッシュアップバーです。

まずはプッシュアップバーを使った腕立て伏せのトレーニング風景を覗いてみましょう。

プッシュアップバーのメリット

プッシュアップバーを取り入れることで生まれるメリットは以下の通りです。

  • 手首が安定させやすくなる。
  • 手首を返して自重を支える必要がなくなる。
  • 身体を沈める時に、拳の位置より下げられる。

プッシュアップバーを使うとバーをしっかりと握るため、手首が安定させやすくなります。
手首を返して自重を支える必要がなくなるため腕立て伏せがやりやすくなるでしょう。

また、床よりも高さが上がるため、状態を下げる時に身体を拳の位置よりも下に下げても床につきません。
筋肉の可動域を広げてトレーニング出来るため、結果も大きく違ってくるでしょう。
特に大胸筋は大きく開くためプッシュアップバーを使うのと使わないのでは雲泥の差です。

ポジションを動かすことで効かせられる部位や強度に変化を与えることも可能、価格も1,000円前後で購入出来ます。
是非、押さえておきたい器具です。

【関連記事】腕立て伏せを効率的に!プッシュアップバーの基礎知識

フラットベンチでトレーニングの幅が広がる

フラットベンチは「他のもので代用出来る」という理由で真っ先に購入対象から外される器具なのではないでしょうか。
ダンベルのように持ち上げたり、チューブのように引っ張ったりして身体が鍛えられる訳ではないからです。

しかし、複数のトレーニングメニューをこなす場合にかなり便利で、且つ筋トレ効率を上げられる使い勝手の良い器具であるのは間違いありません。

まずはフラットベンチを使ったトレーニング風景を覗いてみましょう。

フラットベンチのメリット

ダンベルキックアップする外国人男性

例えばダンベルフライダンベルプレスをやる場合、最悪、床に寝て行うことも出来るでしょう。

しかしフラットベンチがあればダンベルを下げた時の可動域が全く違います。背中や胸の筋肉に与える刺激、ストレッチされる範囲が格段に大きくなるのです。これにあった代用品はまず見つからないでしょう。

また、トライセプスキックバックワンハンドローイングのようなトレーニングでもフラットベンチは活躍します。
価格は6,000円〜10,000円程度はするものの、自重とダンベルやバーベルのウエイトを支えられるものと考えれば決して高くはありません。

特にダンベルなどの器具を使う方にはおすすめです。

腹筋ローラー(アブホイール)は上級者におすすめ

腹筋ローラーは、ある程度スポーツに慣れている人や基礎体力を備えた方におすすめです。
安いものであれば1,000円前後で購入出来る上シンプルな構造であるため、うっかり初心者も購入してしまいそうですが、これを使いこなすのはかなりハードです。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. フリークライミング
  2. ダンベル 筋トレ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP