ケーブルで腹筋を鍛える男性

ケーブルクランチで筋トレ!腹筋を鍛える正しいやり方と効果解説

 

同じ筋肉を鍛えるにも、器具の有り無し、強度などによってさまざまなトレーニングがあります。
それぞれのトレーニングにどのような効果があるのか理解して、正しく取り組むことが大切です。

今回紹介するのは「ケーブルクランチ」です。
腹筋に効果があるこのトレーニングの正しいフォームや取り組み方、うまくやるためのコツを紹介します。

腹筋とは

4つの筋肉に分かれる

腹筋と言えばお腹周りの筋肉で、誰もが知るメジャーな筋肉のひとつです。
腹筋は4つの筋肉で構成されます。

体の正面にあり、一般に腹筋という場合に多くの人がイメージするのは「腹直筋」と呼ばれる筋肉です。
6つに割れたシックスパックは、筋肉アピールとしてはあまりにも有名です。
もっとも、シックスパック自体は筋肉というより、体脂肪の影響も大きい部分ではありますが。

腹直筋の横側にあり、いわゆる脇腹にあるのが「腹斜筋」です。
外側にあるものを「外腹斜筋」、内側にあるものを「内腹斜筋」といいます。
そして、内腹斜筋のさらに奥にある筋肉が「腹横筋」です。

腹筋の働き

腹直筋は、体幹の屈曲(曲げる)、回旋(回す、ねじる)、側屈(横方向に曲げる)の動きや、呼吸にも関与します。
腹斜筋は、脊椎を曲げたり、骨盤を引き上げたりする動きに関与します。

腹横筋は腹直筋とともに、腹圧を高める働きに関与します。
腹圧を高めるとは、分かりやすく言えばお腹に力を入れること。
排便や排尿、姿勢の維持に関わりますが、女性であれば出産にも関わるものでもあります。
引き締まったシックスパックの男性

ケーブルクランチの特徴

トレーニングの準備

ケーブルクランチは、腹筋の中でも特に腹直筋に効くトレーニングです。
ケーブルクランチに必要な器具を紹介しましょう。

  • ケーブル(マシン)

ケーブルとは、おもりを乗せた台を滑車のように引っ張るロープのことを指します。
初動からしっかり負荷をかけることができますし、運動のピークに近づけば近づくほど、より大きな負荷がかかるため、高い強度でトレーニングをこなすことができる利点があります。

ケーブルを使ったトレーニングは通常、ケーブルマシンというトレーニング機器を利用して行ないます。
ケーブルを使ったトレーニングにはバリエーションがあり、それらを一通りこなせるマシンともなるとかなり高価かつ場所も取ります。

自宅に設置するのは難しいですので、スポーツジムのように専用器具が設置してある施設で取り組むトレーニングとなります。

腹直筋ならクランチもオススメ

ケーブルマシンが必要なケーブルクランチは、実施するためにはややハードルが高いトレーニングです。
その場合は、道具を必要としない「クランチ」をおすすめします。

強度はケーブルクランチに劣りますが、自宅でも手軽に取り組むことができるトレーニングですよ。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. パーソナルトレーナー
  2. トレーニング ストレッチ
  3. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP