屋外で懸垂する男性

懸垂で広背筋を鍛えるトレーニング!

 

広背筋はダイエットしたい方もトレーニングすべき筋肉

チンニングを行うマッチョな男性

ひたすら追い込んでボディビルダーのような鋼の肉体を手に入れたい方にとって、広背筋は当然鍛えているだろう筋肉です。
ただここでのポイントは、痩せたい方にとっても広背筋は注目すべき筋肉という点です。

ダイエットというと、誰もが細くしたい部分ばかりトレーニングしたがります。
確かに効果がない訳ではありませんが、例えば上半身は超肥満体なのに、下半身はモデル級にスタイルが良い、というようなことは基本的にはありえません。

無論、多少の個人差はありますが、普通に生活して普通にエクササイズしていれば身体全体が少しずつ痩せていくのが自然な形です。
となると、脂肪が燃焼しやすくなる部位を鍛えた方がダイエットに関しては合理的でしょう。

広背筋のトレーニングで痩せる理由

広背筋は身体の中でも大きな筋肉です。
つまりここをトレーニングすれば物理的な筋肉量が増え、脂肪の燃焼度も高まるのです。

このように、痩せたい方が筋トレを行う場合の基本は大きな筋肉を鍛えることです。
広背筋の他にも、次のような大きな筋肉を鍛えると、効率的に基礎代謝を高めることが出来るでしょう。

  • 大臀筋
  • ハムストリングス

【関連記事】大殿筋/大臀筋を鍛える!おすすめな筋トレ方法とストレッチ
【関連記事】ハムストリングの筋トレ!有効な股関節のストレッチ方法!

広背筋を鍛えるのには懸垂(チンニング)が有効

では広背筋のトレーニング方法をご紹介します。

広背筋を鍛えるにはダンベルやバーベルを使ったもの、チューブを利用して行うエクササイズなど様々なものがありますが、ここでご紹介するのは懸垂・チンニングによるトレーニングです。

懸垂は腕の筋肉を鍛えるための種目?

上腕三頭筋が盛り上がった男性

懸垂というと、多くの方は腕を鍛えるためのもの、即ち腕の筋肉で体の上げ下げをするトレーニングと捉えがちではないでしょうか。
実際、腕の筋肉は動員しますし、腕の筋肉があまり発達していない人が懸垂をやろうとしても出来ないケースはままあるでしょう。

また、懸垂と言っても手の握り方、位置などで効かせられる筋肉の部位も変わってきます。
それこそ腕に効かせるためのトレーニングにしてしまうことも出来ます。

自重を丸々負荷に替えられるトレーニングでもありますので、こなす回数によってはかなりハードなトレーニングになります。

基本の懸垂のやり方

まずは広背筋を鍛えることが出来るオーソドックスなフォームからご紹介します。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP