ストレッチする外国人男性

背筋をストレッチする際のポイントとは?

 

背筋にはストレッチが効く

闇雲にトレーニングしても効果は薄い

背中の痛みと上半身裸の若い男のクローズ アップ。灰色の白い背景の上に立っている若い男

背中を美しくしたい、背筋を鍛えたい、背中を引き締めたい。
そんな願望から筋トレを始めたのに思ったような効果が出ない
こんな悩みを抱えている方は多いでしょう。

さてはその背筋、回数を重ねて闇雲に筋トレするよりも、ストレッチをしてから行う事によって、より明確な効果が得られるかもしれません。

身体を動かす準備こそ肝要

コブラストレッチ

例えば猫背を矯正しよう思い立ち、一時間ほど無理に正しい姿勢になってみたとします。すると徐々に腰の辺りが痛くなってきて長く続けることが出来ません。
普段伸ばしていない分、いきなり矯正しようとしても確実に腰や背中に負担が掛かり、痛みを伴ってしまうのです。

身体が身体を伸ばす状態になっておらず、曲がった状態で固定されていた筋肉がいきなり伸ばされたためにこうした事態に陥ります。
逆もまた然りで、無理して伸ばし続けていた背筋を、急に前屈姿勢にして曲げたりすると、また痛みに襲われます。

そんな事態を解決するポイントは事前に行うストレッチにあります。

広背筋のストレッチ

普段私達が耳にする「背筋」の大部分を占めているのが「広背筋」と呼ばれる筋肉です。
広背筋とは、逆三角形をした腰と腕の骨を結んでいる、人間の筋肉の中でかなり広い面積を持った筋肉です。この筋肉をストレッチでほぐすことにより、背筋を伸ばせる状態にしていきます。

広背筋の役割

道路を一人で歩く男性

ストレッチ方法を学ぶ前に、人体における広背筋の役割についてチェックしましょう。
まずは日常生活の中で広背筋が使われる主な場面をご紹介します。

  • 歩行時、腕を前から後ろに動かす。腕をまっすぐ前後に振る。
  • 何かに掴まった状態で身体を引き上げる。
  • 腕の関節を動かす。
  • トイレの時、お尻を拭く。

このように、広背筋は主に腕を動かし、上半身のバランスを保つ役割を担っています。
また僧帽筋と呼ばれる肩付近の筋肉とも密接な関係を持っています。肩こりの原因にもなる部位なので、ケアが重要ですね。

広背筋がしっかり使われていないと、思った時に手が出なかったり、脂肪がつきやすい身体になります。
身体の中でも非常に大きな筋肉であるため、広背筋を鍛えると脂肪が燃焼しやすい太りにくい身体になります。そのためダイエット中の方にも是非トレーニングしていただきたい部位です。

ストレッチ方法

広背筋のストレッチ①

足を肩幅に開き、背伸びするように両手を上げ、伸ばしたい筋肉とは反対方向に身体を曲げます。この時、猫背にならないようにしましょう。
身体を曲げていき、少し痛みを感じたところで止めて下さい。脇から脇腹まで筋肉が伸びている感覚を感じられるでしょう。
これを両側30~60秒ずつ行って下さい。

以下の動画も参考にトレーニングしてみましょう。

広背筋のストレッチ②

ストレッチをする男性

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 腹式呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP