ダンスする女性たち

ズンバで使用される曲名・歌詞まとめ!思わず踊りたくなっちゃうPV動画も紹介!

 

皆さんは【ズンバ】を御存知ですか?

ズンバは近年、フィットネススタジオやスポーツクラブなどで取り入れられている、人気のダンスプログラムです。

「名前は知っているけれど、内容はちょっと……」なんて人もまだまだ多いのではないでしょうか。

今回はそのズンバの基礎知識と、使用される楽曲などを御紹介したいと思います。

ズンバ(ZUMBA)とは

ズンバ

ズンバとはコロンビアのダンサー兼振付師であるアルベルト・ベト・ペレス氏が考案したダンスフィットネスです。

ズンバはスペイン語で「お祭り騒ぎ」という意味があります。その言葉の通り、音楽に合わせ陽気に踊るのがズンバの楽しみ方。

使用される音楽はラテン系音楽から始まり、ヒップホップ・ロック・ポップス・民族音楽などなど無国籍で多彩なものです。

振り付けは軽めのものから本格的にハードなものまで、様々。内容によっては高齢者の方でも楽しむ事が可能です。

ズンバは商標登録こそされていますが、使用する際に権利や料金などは発生しません。なので現在はスポーツクラブなどの施設を始め、自治体などが主催の市民の体操教室などでも活用される身近な存在となりつつあります。

ズンバの特徴

ズンバ最大の特徴といえるのが、「動きの自由度」です。

ズンバの動きには使用される音楽同様、ジャンルを超えた様々なダンスの動きが盛り込まれています。

それらの動作は左右対称に体を動かすエアロビクスなどとは大きく違い、体のあらゆる部分を音楽に合わせて感覚的に動かすのがズンバなのです。

また、動きの難易度にも幅があり、振り付けや曲の内容によってはかなりハードなワークアウトにもなります。

ズンバの運動効果は

陽気で楽しいダンスエクササイズ・ズンバにはどの様な効果があるのでしょうか。

ダイエット効果

ズンバは全身を使った有酸素運動の一種。ジョギングやウォーキング、水泳などと同じジャンルといえます。

有酸素運動は取り込んだ酸素で体内の脂肪を燃焼させる働きがあるので、食事制限と並びダイエットに必要不可欠なものです。

肝心の消費カロリー量ですが、ズンバは1時間で500~1,000キロカロリーほど

プログラムの内容によってだいぶ違いはありますが、比較的緩やかなズンバでもウォーキングの2~3倍のカロリー消費が出来ます。効率的かつ効果的な運動といえますね。

【関連記事】筋肉をつけてダイエットに!有酸素運動より効果的な筋トレで脂肪を減らそう!

筋トレ効果

ズンバには体を捻ったり、曲げ伸ばしを多用したりと、全身を使った動きが多く取り入れられています。

そしてそれらの動きにより、自然と筋肉も鍛えられて行くのです。

普段の生活であまり使わない筋肉も、ズンバで思い切り動かしてあげましょう。

筋肉量が増えると基礎代謝量がアップします。すると有酸素運動による脂肪燃焼が促され【痩せやすく、太りにくい体】が出来上がります。

流石に本格的な筋トレと同等の効果とまでは行きませんが、ダイエットの為の筋トレとしてならば充分な効果です。

ストレス解消効果

ズンバで使用される曲は基本的にアップテンポなもの。その音楽に合わせて踊る事がストレス解消になる!と評判です。

ストレス解消の大きな原因は、脳が分泌する神経伝達物質

ズンバの軽快な音楽と動作が神経伝達物質の分泌を促し、気分を高揚させてくれるのです。所謂「ハイな気分」というものです。

「踊る事が楽しい!」とハイ状態になれば、1時間のエクササイズもあっという間に過ぎる事でしょう。

また、ズンバのストレス解消効果は、ダイエット中にありがちなイライラにも効果的です。

ズンバに使われる曲は

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. プール
  2. ココナッツオイル

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP