卓球選手

卓球のラバーおすすめ人気ランキング20選!選び方や回転などについて徹底解説

 

福原愛さん、石川佳純さん、張本智和さんなどの活躍で卓球に興味を持つ人が増えています。卓球をする際に、重要となるのがラバー選びです。今回は選び方や回転などにも触れつつ、様々なラバーについて紹介します。

ラバーとは?

疑問を持つ女性

「そもそもラバーって何?」という方もおられるでしょう。ラバーはゴムでできたシートにスポンジを貼ったものを指します。慣れてくるとプレイヤーが自分で、ラバーを貼りかえる光景もよく見られます。貼り方、剥がし方については後ほど説明します。

ラバーのシートは2mmまでと規定で定められています。スポンジとシートをして4mmまでです。

ラバーの色たくさんのクレヨン

使用して問題ないカラーは黒と赤。フォアとバックのラバー色は必ず変えなければいけません。性質が違うものを同色にすると、相手選手が混乱しかねないからです。フォアとは右が利きの人なら、右よりも右側で打つことをいいます。バックは反対の左側で打つことを指します。

「中国はフォアを黒にしている競技者が多い」など、国によって特徴が表れます。そういったところに着目できれば、より一層卓球を楽しめます。

ラバーの種類

卓球をする前に、まずラバーについての知識を深める必要があります。選手のタイプや戦略によってラバー選びが変わるのは当然のことといえます。それでは4種類のラバーについて解説していきましょう。

裏ソフト

ラバーの表の面にボールが引っかかる特徴を持つ裏ソフトラバーは、回転をかけたい人が好んで使います。また強いボール打てるため、パワータイプの卓球選手は裏ソフトをよく使用します。女子よりも男子に裏ソフトが多いのは、筋力で勝るからです。卓球初心者は裏ソフトを使って基礎を学ぶことが定番です。

表ソフト

表ソフトは裏ソフトと比べて、ラバーに接する面が少ない構造です。そのため回転そのものが起こりづらくなり、相手がかけてきた回転を苦もなく打ち返すことという利点を持ちます。しかし一方で、こちらから回転をかけづらくなる弱点があるのも確かです。

ドライブの難易度は高めのため『ミート打ち』『角度打ち』と呼ばれる技術を身につけなければ、良い結果を残せません。裏ソフトと比べて、使いこなすまでに時間を要します。

ツブ高ラバー

表ソフトの粒度をさらに高めたのがツブ高ラバーです。卓球に詳しい人はカットマンという言葉を聞いたことがあることでしょう。カットマンとは、自ら仕掛けず相手のスマッシュなどをひたすらカットし続け、ミスを誘うタイプの選手の呼称です。ツブ高はカットマンにおすすめのラバーです。

ツブ高ラバーは、上回転のボールを下回転に、下回転なら上回転でといったように、相手がかけてきた回転の反対のボールを返すことができます。回転を気にしなくて済むため、レシーブを容易に習得しやすいというのが長所です。

アンチスピン

読んで字のごとく、回転がかからないように設計されたラバーです。特殊で癖が強すぎる性質を持つため、アンチスピンを使う人の数は極めて少数といえます。こちらのラバーは販売数が極端に少なく、愛好者を探すのは至難の業です。

ラバー選びの4要素

ポイント

何も知らない段階で、いきなり「ラバーを選んでください」と言われても、何を基準に選択すればいいかが分かりません。最初にラバーを選ぶなら知っておくべき4つの要素について説明します。

厚み

ラバーはスポンジの厚さが0.4mmから最大で4mm前後のものまで存在します。厚みが増せば増すだけ弾みやすくなります。しかしその反面ラバー自体に重みが出てしまい、使いこなしづらいと感じる人もいます。いくらボールが弾んだとしても、きちんとラケットを振り切れなければ良いパフォーマンスを発揮できません。

初心者は1.5mmから1.9mmのものを選ぶことで、重量を感じることなく自在にラケットを操れるようになるでしょう。

速度

スポンジに厚みがあるほど、ボールの速度がアップします。速度順に並べると裏ラバー、表ラバー、ツブ高ラバー、アンチラバーとなります。スピードを基準にしても、アンチラバーは選びづらいのが実情です。

回転

回転のかかりやすさは速度に比例します。そのため裏ラバー、表ラバー、ツブ高ラバー、アンチラバーという順番となります。基礎知識として上記の順を頭に入れておきましょう。

硬度

種類によってスポンジの硬度が変化します。柔らかいスポンジはボールの制御がしやすいため、初心者におすすめです。硬度が上がるにつれて、コントロールしづらくなります。

初期段階から硬いラバーを選択すると「卓球は難易度が高い……」と思ってしまいがちです。最初は無理をせず軟らかめのスポンジを使って、卓球の楽しさを感じるところからスタートさせてください。

ラバーの貼り方、剥がし方

卓球歴が長くなるほど、ラバーを購入する機会が増えます。初心者は必ずしも自らラバーを貼る必要はありません。ラバーやラケットを購入したお店の人にお願いするのも有効な手段です。

なお中級以上になってくると、自分でラバーを貼る人が大半を占めます。こちらの項目では、ラバーの貼り方、剥がし方について具体的に解説していきます。

貼り方

ラバーを貼る前にラケット、ラバー、スポンジ、フリーチャックやファインジップなどの接着剤、ペン、ハサミを用意しましょう。次にラバーの上へラケットを重ね真ん中を合わせるように配置します。

ズレが生じないように注意しながら裏返し、ラケットとラバーの境目をペンで丁寧になぞります。ラケットのサイズがラバーに残るよう可視化することで、接着剤の使用量を必要最低限にとどめられます。

次にラケットとラバーへ接着剤を塗りこみ乾燥するまで待ってから、乾いたらラケットとラバーを貼り合せましょう。いきなり両面に貼るのではなくまずは片面だけ貼りつけて、ラケットからはみ出ている箇所をハサミで切り取ります。もう片方の面も同じように貼りつけて、カットしていきましょう。

剥がし方

丸ばつ

貼るのと同じくらい剥がすことも重要です。剥がし方が良くなければ、新しいラバーを綺麗に貼ることが難しくなります。

斜めに剥がすのが正しい剥がし方です。この方法を選ぶことで、ラケット板が剥がれることを防止できます。ずっと使うラケットは、自然と愛着が沸きます。だからこそ大切に扱うよう意識しましょう。

※注意
木目方向に剥がすのはNGです。この剥がし方をするとラケット板が剥がれやすくなります。

おすすめ人気ラバーランキングBEST20

人気ラバーをランキング形式で紹介していきます。幅広い層から支持されているものもあれば、マニアックな人気を誇るものもあります。それでは20位の商品から解説していきましょう。

20位Butterfly(バタフライ) 卓球 ラバー スーパー・アンチ 05030

Butterfly(バタフライ) 卓球 ラバー スーパー・アンチ ブラック スポンジ厚(ウス) 05030
バタフライ(Butterfly)
販売価格 ¥1,848(2018年4月16日0時26分時点の価格)

初心者が使いこなすのは、少々難しい商品です。裏ソフトラバーと上手に組み合わせることで、対戦相手をきりきり舞いさせられます。卓球の酸いも甘いも知った選手が使えば、大きな武器になることは想像に難くありません。

19位バタフライ(Butterfly) フェイント・ロング3

バタフライ フェイント・LONG3 レッド 1 00320 6
バタフライ(Butterfly)
販売価格 ¥2,106(2018年4月16日0時17分時点の価格)

自身がカットマンであることを自覚しているのなら、ぜひ手に入れたいラバーです。卓球選手は前で戦う前陣型と後ろに位置する後陣型に分けられます。ツブ高のラバーがおすすめなのは前陣型の選手です。

18位TSP ヤマト卓球ラケット用ラバー カールP-3アルファR ソフト 020525 粒高 赤 トクウス

「ツブ高を追求している人はこちらを買うべし!」と言いたくなるほど、高性能なラバーです。しかも3000円以下で買えるため、かなりリーズナブルです。ルールの範囲内でも最も細長い粒形状をしています。人気商品である「P-1R」と同じ特徴を持っており、ダイナミックな変化を生じさせます。使っていてワクワクできる要素が満載です。

17位DONIC(ドニック) 卓球 スパイク P2 粒高ラバー レッド OX AL074

多くの卓球選手が憧れる、スーパーカットマン塩野真人選手との共同開発で生まれた商品です。カット後に絶妙な変化が出るためチャンスボールになることを防ぎ、局面を有利に導きます。柔らかなスポンジが設置されているため、ボールの制御がしやすくなります。

16位DONIC(ドニック) 卓球 スパイク P1 粒高ラバー レッド 0.3 AL073

DONIC(ドニック) 卓球 スパイク P1 粒高ラバー レッド 0.3 AL073
DONIC(ドニック)
販売価格 ¥3,697(2018年4月16日0時29分時点の価格)

こちらの商品は、ディフェンシブな選手にピッタリのスパイクです。ツブの表に凹凸が作られており、ストップやツッツキに対して強い下回転を出せる構造になっています。世界的なカットマンである王喜選手と共同開発で作られているところも、評価ポイントでしょう。

15位andro 卓球 粒高ラバー ラサントカオス 112279

andro(アンドロ) 卓球 粒高ラバー ラサントカオス 112279 クロ(BK) OX
andro
販売価格 ¥5,337(2018年4月16日0時31分時点の価格)

最大の売りはツブ高の中で、郡を抜いたスピン反転能力を持ちます。スピン反転に特化した作りになっています。おすすめなのは、こだわりが強くコツコツした努力が苦にならない人でしょう。ラサントカオスを使いこなせるようになれば、選手としてステップアップすることができます。

14位REBELLION【反乱のツブ高】

REBELLION【反乱のツブ高】 (赤, 0.5mm)
マテリアルスペシャリスト
販売価格 ¥5,578(2018年4月16日0時35分時点の価格)

一度聞けば忘れないインパクトのある名前の商品です。トータルで考えた場合、とても高いレベルで調和が取れています。今のポジションに満せず「卓球界に革命を起こしてやる!」と切望している人にこそ、購入してほしいラバーです。

13位TSP(ティーエスピー) カールP‐4ソフト ブラック 20195 020

ティーエスピー(TSP) カールP‐4ソフト ブラック TU 20195 020
TSP
販売価格 ¥2,676(2018年4月16日0時35分時点の価格)

世界的に名声を轟かせたカットマン松下浩二が、開発に協力した商品です。「軟らかいスポンジで操作がしやすい」と評判を呼び、好評を博しています。カットを多用する選手やディフェンス重視の競技者にとって、頼もしい存在です。

12位バタフライ(Butterfly) スピーディーP.O.

バタフライ(Butterfly) スピーディーP.O. ブラック 278 C(中) 00260
バタフライ(Butterfly)
販売価格 ¥2,388(2018年4月16日0時36分時点の価格)

「一度使ったら他のラバーが使えなくなる」と言われるほど高い安定感を誇る一品です。自分のイメージしたボールの放物線を、描きやすくなります。特におすすめなのが、オフェンシブスタイルの競技者です。

11位ヤサカ(Yasaka) オリジナル(表ソフト) クロ B-13 90

ヤサカ(Yasaka) オリジナル(表ソフト) クロ CS B-13 90
ヤサカ(YASAKA)
販売価格 ¥1,773(2018年4月16日0時46分時点の価格)

まだ卓球を始めて間もない人におすすめの表ソフトラバーです。簡単に無回転を生み出せることもあり、高い人気を誇ります。前陣攻守型の人が好んで使います。スピードを重視する人はA1の大粒タイプを、安定性に重きを置く人はA2の小粒タイプを選ぶといいでしょう。

10位ニッタク(Nittaku) ハモンドFAスピード レッド(20) 厚(A) NR8549

ニッタク(Nittaku) ハモンドFAスピード レッド(20) 厚(A) NR8549
ニッタク(Nittaku)
販売価格 ¥3,351(2018年4月16日1時9分時点の価格)

戦術を攻撃型スタイルに変えたいと願う人におすすめの商品です。ブロック時のナックルがやや出づらくなるという弱点はあるものの、技術力を上げることでその点はカバーできます。回転が増えブロックに安定感が出るため、選手としてのステージを上げたいと考える人の強い味方となるでしょう。

9位ティーエスピー(TSP) スペクトル・21sponge

ティーエスピー(TSP) スペクトル・21sponge 赤 3 20072 40
TSP
販売価格 ¥2,676(2018年4月16日0時43分時点の価格)

速攻を得意とする攻撃型の選手にマッチします。スピードを重視する人に重宝されるラバーです。慣れればスピンを自由自在にかけることできます。こちらのラバーを使えば、ナックルを出すことも決して難しくありません。

8位MIZUNO(ミズノ) 卓球ラバー BOOSTER SA 18RT712

MIZUNO(ミズノ) 卓球ラバー BOOSTER SA 18RT712622.2 62:レッド 2.2mm
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥2,674(2018年4月16日0時44分時点の価格)

スピンを重視する競技者にぜひ使って欲しい表ソフトラバーです。巧みなラケットさばきで自在に回転を操れるため、スピン名人にピッタリの商品といえます。アマゾンのレビューを見ると、購入者が高確率で満していることが分かります。

7位ヤサカ(YASAKA) オリジナルエクストラ アカ 20 U(薄)

ヤサカ(YASAKA) オリジナルエクストラ アカ 20 U(薄)
ヤサカ(YASAKA)
販売価格 ¥1,215(2018年4月16日0時47分時点の価格)

ベストセラーとなった商品をさらに進化させた商品です。ビギナーが使うと、その操作性の高さに驚くことは間違いありません。勢いのあるボールの衝撃を見事に吸収します。

6位VICTAS(ヴィクタス) 卓球 裏ソフトラバー V15 エキストラ 020461 レッド

VICTAS(ヴィクタス) 卓球 裏ソフトラバー V15 エキストラ 020461 レッド 2サイズ
VICTAS(ヴィクタス)
販売価格 ¥4,532(2018年4月16日0時52分時点の価格)

対戦相手がスピンをかけてきたとしても、きっちり対応できるよう設計されています。攻守双方を重視する人が使うと、「鬼に金棒」となるでしょう。

5位ティーエスピー ヴェガ ジャパン TSP レッド 95171 040

根強いファンを持つヴェガが満を持して送り出したラバーです。スポンジの厚さは1.8mmから2.0mmです。「美しい調和」というコンセプトで作られているだけあり、圧倒的な使いやすさで選手を魅了します。

4位Armstrong(アームストロング) 光 裏ソフトラバー 赤 厚 7250

Armstrong(アームストロング) 光 裏ソフトラバー 赤 厚 7250
Armstrong(アームストロング)
販売価格 ¥3,456(2018年4月16日0時56分時点の価格)

速度、回転といった卓球に欠かすことのできない要素を兼ね備えています。高い品質を誇るのに購入しやすい価格設定になっています。トータルバランスの優秀さから、ビギナーだけでなく上級者も愛用しています。

3位ヤサカ(Yasaka) マークV クロ

ヤサカ(Yasaka) マークV クロ C B-10 90
ヤサカ(YASAKA)
販売価格 ¥2,350(2018年4月16日0時57分時点の価格)

何度もランキングに登場するヤサカは、ラバーを選ぶ上で欠かすことができません。マークV クロは、高い弾力性を持つシートが特徴的です。ボールの速度を今よりもアップさせたいと願う人は、ぜひ購入を考えてみましょう。

2位andro(アンドロ) 卓球 裏ソフトラバー プラクソン 400 112251

andro(アンドロ) 卓球 裏ソフトラバー プラクソン 400 クロ 2 112251
andro
販売価格 ¥2,457(2018年4月16日0時58分時点の価格)

卓球では、ラリーでいかに主導権を握るかが勝負の分かれ目となります。こちらのラバーを使うことでラリーのイニシアチブを握りやすくなります。総合力を重視する人は、ぜひ購入を検討してみてください。

1位ニッタク(Nittaku) ファスタークGー1

ニッタク(Nittaku) ファスタークGー1 レッド(20) 厚(A) NR8702
ニッタク(Nittaku)
販売価格 ¥4,212(2018年4月16日0時59分時点の価格)

石川選手、伊藤選手、森園選手といった日本の卓球を背負う人たちからも信頼されているメーカーのラバーです。人気はまさに圧倒的。スピンテンション系の中ではトップクラスと言っても過言ではありません。やや重たいというところだけが唯一の難点ですが、しっかりと振り切れる筋力を身につければ、選手としての実力を飛躍的に伸ばせます。

憧れの選手と同じラバーでテンションアップ!!

燃えている憧れの有名選手と同じラバーを使うことで、刺激をもらうことができます。もちろんラバーを真似たからといって、プレーのレベルが一気に上がることはありません。しかし気分を盛り上げるのは、卓球を続ける上で重要なことです。

例えば「チョレイ!」で有名な張本智和選手は、表も裏もテナジーを使用しています。一生懸命、卓球を続けていて行き詰った際は、自分が大好きな選手の使っているラバーを調べて購入し、気分転換を試みてはいかがでしょう。

まとめ

フィットネス女性

自分のスタイルによって、選ぶラバーがおのずと変わります。初心者の方は操性を重視したラバー選びをしてください。練習や試合を重ねて上達が実感できたら、他のラバーの購入を視野に入れてみましょう。

卓球は性別や年齢、関係なく楽しむことができる数少ない競技です。こちらの記事を読んでいただいて、より一層興味を持っていただけると幸いです。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP