ダンベルを持ち上げる男性

ダンベルを使ったオススメの筋トレ方法

 

ダンベルを使って筋トレをする人は多い

White Seek ダンベル 20kg 10kg×2個セット 合計 20kg 筋力トレーニング ダイエット シェイプアップ 静音 (グリーン)
ダンベルは「筋トレと言えばダンベル」という程定着しています。
数あるトレーニング器具の中でもダンベルを使って筋トレをする人は多いでしょう。

トレーニング器具を使わずに自重を負荷として利用する方法もありますが、筋トレ初心者や高齢者、女性にとって、自重トレ―ニングはなかなかハードルが高いのです。
そのため最初の筋トレ器具としてダンベルを購入したという方も多いのではないでしょうか。
ダンベルがあると取り組める種目も増えるので、モチベーションを上げるためにもダンベル購入はおすすめです。

今回はダンベルを使った筋トレのオススメメニューをご紹介します。

ダンベルを使った種目はかなりある

ダンベルを使ったトレーニングの種目は多いのですが、無論、網羅する必要はありません。
自分がやれそうなもの、継続出来そうな種目を選んで実施してみてください。無謀なことをやる必要は全くありません

【関連記事】ダンベルを使ったオススメの筋トレ方法

ダンベル購入時のポイント

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)
ダンベルを選ぶ時におすすめしたいのが可変式のダンベルです。
広く知られているのは重さを調整出来ない方のダンベルですが、可能であれば最初から可変式のダンベルを購入しましょう。

重量の調節が出来ないダンベルだと、そのうち物足りなくなり飽きかねません。
トレーニングが進み、パワーが増してくると同じ重量のダンベルでは相対的に負荷が減ってしまうからです。

可変式のダンベルであれば、1つのダンベルで負荷を調整出来ます。わざわざ何度も買い直す形でダンベルも入手する必要もないですし、ダンベルの数だけ場所も取らずに済みます。

【関連記事】ダンベルの選び方とオススメのダンベル

ダンベルと併せて購入したいフラットベンチ

ダンベルキックバックする黒人女性

更に金銭的、空間的に余裕があるならば同時にフラットベンチもあると筋トレしやすくなります。
設置するスペースがない場合は無理に買う必要はありませんが、あるに越したことはないおすすめのトレーニング器具です。

では、ダンベルを使ったトレーニングメニューをご紹介します。

ダンベルベンチプレス

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP