女性のヒップ

ゴムバンド効果で美尻筋トレ!岡部友のヒップアップボディメイクトレーニング方法【2018年おすすめ人気ランキング!】

 

体操クラブでひもで非常にセクシーな若い美しいお尻

スタイルを気にする女性が注視するボディパーツといえば、二の腕・ウエスト・ヒップ・脚ですよね。

特にヒップは男性以上に女性の視線と関心が集まる場所。何故なら美しいヒップは同性から見ても大変魅力的なものだからです。

今回はそんな美尻の作り方を、プロフェッショナルトレーナーの岡部友さんから学んでみましょう。

ヒップ・シェイプアップの必要性

皆さんはダイエット(シェイプアップ)をする際、どの様な目標を立てて取り組んでいますか?

「ウエストを細くしたい」「二の腕を引き締めたい」「とにかく痩せたい」等々、個人により千差万別の【気になる部分】がある事でしょう。そんな中のひとつにヒップがあります。

ヒップは女性にとって、密かなコンプレックススポットである事の多いボディパーツです。しかしながら体の背面という事で、自身では中々チェックし難い部分でもありますよね。

どんなに体をシェイプアップしても、ヒップがダルダルでは格好が付きません。しかも肝心の本人がそれに気付いてない、なんて事になったら一大事です。

冒頭でも述べた通りヒップは非常に人目を引き易いパーツなので、日頃から美しい【美尻】を保っておきたいものです。

美尻の条件とは

そもそも美尻とはどの様なものを指すのでしょうか?一般的には以下の条件を満たしたヒップを表現した言葉が美尻と呼ばれる様です。

  • 形の良い上向きヒップ
  • 体とのバランスが取れたヒップ
  • 肌にハリのあるヒップ

世の女性の中には「垂れている」「形が悪い」とヒップに悩みを抱えている人は少なくありません。「大きさ」についても同様です。

そんな女性の悩みを解消すべく、適度な大きさと形の良い桃の様なヒップを作る方法はあるのでしょうか?

実はエステでも矯正下着でもなく、筋トレで美尻を作る事は可能なのです。

【関連記事】お尻を効率的に鍛える筋トレとは?

美尻には筋トレが効果的!

ジムでヒップサイズを計測する女性

「美尻を作るのに筋トレが効果的」と簡単に書きましたが、具体的にはヒップにある臀筋群深層筋肉を鍛える事がヒップアップに繋がります。そしてそれと同時にヒップ周辺の腹筋や大腿筋等も鍛えるとより効果的でしょう。

しかし、それではいざトレーニングを始めましょう!となると「一体何から始めれば良いのやら」と戸惑ってしまう人もいるかと思います。

そんな筋トレ初心者から、上級者まで。美尻を目指す人におすすめしたいのが、美尻トレーナー岡部友さんのボディメイクメソッドです。

岡部友さんとは

最近メディアや有名人SNSでしばしば名前を見掛けるジムトレーナー岡部友さん。彼女は世界的な組織の公認トレーナー資格を複数取得し、「SPICE UP FITNESS」というヒップアップに特化したスポーツジムを経営しています。

また、ジム経営の他にも自身の専門分野でもあるヒップアップトレーニングを中心としたセミナーや書籍の出版など、今一番注目されているトレーナーの一人といえます。

岡部流トレーニング法の特徴とは

岡部友さんが推奨する美尻トレーニング法とは、一言でいえば「ヒップを徹底的に鍛える為の筋トレメニュー」。

日常生活では中々鍛えられる機会のないヒップの筋肉を「居眠り中」と例え、「GLUTES IN ACTION(お尻を起こそう)」という目標で考えられたトレーニングメニューなのです。

そんな岡部流ヒップトレーニングは自宅で行えるものも多く、ゴムバンドを活用したより効果的なメニューが組み込まれています。本格的なジム通いを決める前に、まずは自宅で手近なトレーニングから始めてみるのも良いでしょう。

【関連記事】セラバンドで筋トレ!トレーニングメニューと使い方解説!

筋トレがヒップアップに繋がる理由

フラフープをする女性

岡部友さんの勧めるゴムバンドを使用したトレーニングメニュー、なぜヒップアップに繋がるのでしょうか?
では、筋トレがヒップアップに良いとされる理由をご紹介します。

引き締め

ヒップアップで重要とされるのは、お尻周りの筋肉を引き締めることです。

筋肉の引き締めには筋トレが欠かせません
特に、お尻周りで最も大きな”大臀筋”、上部にある”中臀筋”や”小臀筋”を鍛える必要があります。

その点、岡部友さんのトレーニングメニューは徹底的にお尻周りの筋肉に刺激を与えるものばかりです。
お尻周りの筋肉を引き締めることで、自然とヒップアップ(綺麗なお尻)が手に入ります。

脂肪燃焼

燃えている

脂肪燃焼についても、ヒップアップを目指す上で重要な要素と言えます。

というのも、お尻周りには不必要な脂肪分が溜まっています。
現代人はデスクワークが多いので、お尻周りにどうしても脂肪分が溜まりやすいのです。

筋トレをすることにより少量ですが脂肪燃焼効果が期待できます。
岡部友さんのトレーニングメニューを続けることで、お尻周りはスッキリとヒップアップに繋がる訳です。

代謝UP!

ヒップアップを目指すのなら、代謝UP!についても重要なポイントです。

先述した通り、現代人はデスクワークにより筋肉は衰えやすく、脂肪分は溜まりやすくなっています。
筋肉量が減少すると代謝が下がり、結果として脂肪分がより溜まりやすい体となります。

反対に、筋トレにより筋肉量が増加すると代謝UP!に、脂肪分が溜まりにくい体となるのです。
岡部友さんのトレーニングメニューはお尻周りの代謝UP!に繋がる理想的なヒップアップ法と言えます。

初心者にもおすすめ・岡部流ゴムバンドトレーニング法
marsboy トレーニングチューブ フィットネスチューブ エクササイズバンド トレーニング用ゴムバンド 天然ゴム採用 強度別4本セット 収納袋付き

岡部友さん推奨、ゴムバンドを利用した美尻の為の筋トレメニューを御紹介します。

今回はゴムバンド一本で気軽に始められるメニューをピックアップしてみました。

クラムシェル・ウィズバンド

https://www.youtube.com/watch?v=snYwudgZBWQ
  1. 横向きに寝そべり、両足にゴムバンドを膝に掛ける。
  2. 両膝を曲げ、下側の腕は枕に。上側の腕は床に付ける。この時、背筋は真っ直ぐに。
  3. 左右の踵は付けた状態で、上側の膝を天井に向ける様に足を開く。
  4. 可能な場所まで足を広げたら、元の位置に戻す。
  5. 1~4を目標数繰り返す。

通常のクラムシェルにゴムバンドの負荷を追加したトレーニングです。

クラムシェルは股関節外旋筋のひとつ、ヒップの深層筋(インナーマッスル)にある梨状筋に作用します。梨状筋は硬化するとすぐ傍にある坐骨神経を圧迫し、梨状筋症候群という痛みの元になってしまいます。

ヒップの引き締め効果はもとより、怪我予防の為にもヒップのインナーマッスルは鍛えておくべき筋肉です。

モンスターウォーク・ウィズバンド

https://www.youtube.com/watch?v=tpLd4U5sLpI
  1. 起立した状態で両足の土踏まず部分にゴムバンドを掛ける。
  2. ヒップを後ろに突き出す姿勢で、前後左右にステップする。

ゴムバンドを付けカニ歩きをするだけのシンプルかつ愉快な動作ですが、効果としては臀部の筋肉全体に作用する優れたトレーニングです。

ポイントはゴムバンドを必ず足の中央(土踏まず)に掛ける事と、しっかり足を開いて動く事です。

グルーツブリッジ

https://www.youtube.com/watch?v=b3BAqnYKRGE
  1. ゴムバンドを両膝に掛け、仰向けに横たわる。
  2. 膝を立て、足は肩幅よりやや広めに開く。
  3. 足と腹に力を込め、ヒップを床から上げる。この際に背や腰は反らさず、ヒップを収縮させるイメージで行う。
  4. 元の姿勢に戻す。
  5. 1~4を目標数繰り返す。

大臀筋を含む臀筋群を鍛えるトレーニングです。他にも脊柱起立筋ハムストリングなど下半身背面の筋肉に作用します。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事

カテゴリランキング

関連記事

  1. ジョギングする男女カップル

    着るだけで痩せるダイエットTシャツおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!口コミ情報あり!

  2. オメガ3脂肪酸

    オメガ3脂肪酸の効果と副作用!多く含まれてる食べ物を食べてダイエット

  3. タンクトップの女性

    着るだけで筋トレ、ダイエット効果あり?加圧インナーシャツの口コミ評価を検証!

  4. スクワットする男女

    フルスクワット/ハーフスクワットで下半身の筋トレ!その効果とやり方、違いを検証!

  5. 水泳をする男性

    水泳で筋トレ!?おすすめトレーニング方法と鍛え方、効果

  6. トレーナーと女性

    レッグスライダーおすすめ人気ランキング20選!回数や時間など正しいやり方をご紹介!【2018年最新版…

  7. ソイプロテイン

    ソイプロテイン(大豆プロテイン)ダイエットとは?身体への効果、運動・食事のおすすめ方法!

  8. ダンベルを横に上げる男性

    ベントオーバーラテラルで筋トレ!三角筋を鍛えよ!

  9. ダンベルを構えるボディビルダー

    ダンベルで胸筋を鍛えるトレーニング方法

人気記事

  1. セクシーボディーの筋肉男性
  2. スピードスケートをする男性
  3. 女性のヒップ
  4. 体の綺麗な女性
  5. 綺麗な筋肉の男性
  6. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  7. 足首を気遣うランナーの写真
  8. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  9. 卓球選手
  10. バドミントンプレイヤー
  11. 筋肉の美しい女性
  12. 火災熱い組合せの野球
  13. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  14. 筋肉質な足
  15. 赤い腹筋ローラー
  16. アンクルウエイト
  17. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  18. 腹筋の綺麗な男性
  19. 床に斜め crunches スポーティな男
  20. 腹筋を確認する男性
  21. 腹筋
  22. 卓球選手
  23. むきむきな男性
  24. 柔道の試合
  25. 軽いダンベル
  26. 運動をしている人々 のグループ
  27. 脂肪を燃焼させて効率良く筋肉を鍛える! イメージ図
  28. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  29. 腹筋の鍛えられた女性

おすすめ記事

  1. 話しているジムの 2 人 カーブスの店舗一覧!女性専用のフィットネスクラブで運動&ストレッチ!
  2. スキーゴーグルをした女性 【スノボ】ゴーグルおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!失敗しない選び方と安く…
  3. 筋トレ 筋肉痛と運動、筋トレの関係!ダイエット中は毎日のトレーニングが効果的?痛みの原因…
  4. 大胸筋が発達した男性 バーンマシンおすすめ人気ランキング20選!今話題のバーンマシンを徹底紹介!その効…
  5. パワーアンクル パワーアンクルおすすめ人気ランキング20選!使い方も徹底紹介!
  6. 陸上用マーカーコーンおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!おすすめの使い方も解説…
  7. ジムでの重量とのしゃがむ運動 筋トレBIG3とは?初心者が効果的に鍛えるメニューと方法
  8. 黒い背景にバーベルを行う半身裸のアスリート バーベルシャフト おすすめ人気ランキング20選を徹底比較!目的別に重さと長さをま…
  9. 長距離走をする男性 持久筋とは?持久力を高める筋トレ方法と鍛え方
  10. 筋肉のすごい男性 【芸人】最強筋肉ランキングベスト10!芸人史上最強の筋肉を持つのは誰だ!?【なか…

カテゴリー

最近の記事

  1. 空手着 空手着おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!試合で勝つ空手着の選び方には4つのポ…
  2. カヤック ボート カヌー カバー カヤックカバーおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!自作よりも専用カバーが良い…
  3. アンカーで繋がれているカヤック カヤック用アンカーおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!カヤックフィッシングには…
  4. バスケットボール バスケットボールウェア【メンズ】おすすめ人気ランキング13選を徹底比較!基本のウ…
  5. スキーソールカバー・ガードおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!必要?無くてもい…
  6. ジムでトレーニング後にプロテインを準備する金髪の若い女性の写真 プロテインボトルおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!シェイカーボトルは漏れに…
  7. ストラップでスキーを持つ女性 スキー用ストラップおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!スキーをまとめる便利ア…
  8. カヤック ラック カヤック用ラックおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!置き場の悩むカヤック…保…
  9. ゲレンデのスキーヤーブーツ スキー用プロテクターおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!上半身用や部位別に選…
  10. 陸上用マーカーコーンおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!おすすめの使い方も解説…

おすすめ記事

  1. プロテインダイエット プロテインダイエットの口コミ!運動量は?体重、筋肉は変化する?
  2. 水泳を楽しむ10代の若者 水泳ゴーグル用くもり止めおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!ジェルとスプレーの…
  3. パーソナルトレーナー パーソナルトレーナーの失敗しない選び方!自分にあったトレーナーとダイエット成功へ…
  4. 握力計 「握力計おすすめ人気ランキング15選!精度、正確性で徹底比較!」
  5. レッグカール ハムストリングの筋トレまとめ!太もも筋肉を鍛える効果的トレーニングメニューの紹介…
  6. 筋肉と脂肪の2人の男性 脂肪は筋肉に変わる?筋トレやダイエットに効果的な脂肪燃焼方法とは
  7. ローテーターカフが発達した男性 ローテーターカフ(回旋筋腱板)とは?肩のトレーニングとストレッチ方法
  8. 腹筋が綺麗な男性 糸井の筋肉がすごすぎる!脅威の身体能力を支える筋トレ方法を紹介!
  9. 酒を飲んで腕相撲 【腕相撲のコツ】腕相撲で勝つためのテクニックやコツを徹底解説!簡単に強くなれる!…
  10. ダンベルスクワットをする外国人男性 ダンベルスクワットは正しいフォームで効果を最大化しよう!

月別記事

PAGE TOP