腹筋の鍛えられた男性

パワーブロックダンベルおすすめ人気ランキング10選!使い方も合わせてご紹介!

 

パワーブロックダンベルとは?

活動量計

パワーブロックダンベルのの歴史は古く20年以上使い続けている愛好者がいるほどです。

パワーブロックという名前がつけられた理由は、アメリカにあるパワーブロック社から販売されている為です。

一般的によく使われるダンベルと最も違うのは、可変式のウェイトスタック式であることです。最もポピュラーでジムのフリーウェイトコーナーにあるダンベルは、重さごと分けて置かれています。

パワーブロックダンベルは、専用ピンを差し込むことで重さを変えられます。

熱狂的に支持する人が多いという特徴を持っています。

パワーブロックダンベルが支持される理由

懸垂

トレーニーの中には「パワーブロックダンベルしか使わない」という支持者が少なくありません。なぜそこまで根強いファンを獲得できるのか、その理由について解説していきましょう。

収納スペースが狭くて済む

ジムでトレーニングする人は、収納スペースを気にする必要がありません。

しかし自宅で筋トレを行う人にとって、場所の確保は大きな問題です。

フリーウェイトは、筋力の増強に伴い複数のダンベルを用意しなくてはならず広さのない空間では基本的に不向きだといえるでしょう。

筋力の増加に伴い複数の重さをスペースを使わずに提供できるのがパワーブロックダンベルの最大の強みです。

パワーブロックダンベルは重りを本体の中に格納できる構造になっています。シャフトとウェイトプレートが一緒になっているため、ダンベルのサイズ以上の広さがいりません。

耐久性に優れている

パワーブロックダンベルは決して安くありません。せっかく奮発して購入したのにもかかわらず、すぐに破損してしまってガッカリということは起きません。

耐久性は折り紙つきで10年、20年単位で使い続ける人がいることが、それだけ長く使っても劣化しないことを証明しています。

長期間、使用し続けると愛着が生まれやすくなります。ずっとトレーニングをする際に使い続けているパワーブロックダンベルは、トレーニーにとって頼もしい友のようなものなのかもしれません。

トレーニング中の時間短縮に最適!

筋トレというのはテンションを保つのが重視されます。筋肉を大きくするには脳に危機感を抱かせないといけません。「今のままでは体を守りきれない!」と、感じさせるためには興奮状態をキープする必要があります。

一旦、アドレナリンを出せる状態になったとしても、重量の変更などでインターバルができるのはよくありません。せっかく上げたテンションが、また元に戻ってしまいかねないからです。

パワーブロックは前述したとおりウエイトスタック式です。重さを変えるには、ピンを抜いたり入れたりするだけ。慣れてくるとスムーズに重量を変更することが可能になります。

しっかりと鍛えたければ、全てを効率的に行わなければなりません。効率化に重きを置く人が、パワーブロックを使うのは当然のことでしょう。

重量を変える方法

ダンベル

ダンベルの重量を変えると聞けば一見、難しいと感じる人がいるかもしれません。しかしパワーブロックは重さの変更がとてもシンプル。ほんの数秒もあれば、変えることができます。プレートを替えるタイプのダンベルと比較して、かなり短時間で変更が可能。

パワーブロックダンベルは2種類が流通しています。まずプロタイプですが、こちらはピンの位置をひとつずらせば4.5kgの重さが変えられます。もう一方のアドバンスタイプは2.2kgと小刻みに重さを変更することができます。

バージョンアップが簡単

種類によっては購入後に拡張できるものもあります。筋肥大に成功すれば、今よりもたくましい自分を追い求めるようになります。バージョンアップができるタイプのものを買っておけば、さらなる重量が欲しくなったときに新たなブロックダンベルを買わずに済みます。

80kgでトレーニングができる上級者向けのものも売られています。拡張できるものとそうでないものがありますので、購入を検討しているときにしっかりチェックしておきましょう。

どんな筋力トレーニングに向いているのか?

肉体の美しい男性

買う前に知っておきたいのが、どういったトレーニングに適しているかでしょう。パワーブロックダンベルにマッチした動きについて解説します。

オン・ザ・ニー

https://www.youtube.com/watch?v=QVQBQ59OG5Q

ベンチプレスの重みが増してくると、いきなりスタートのポジションから始めることができません。

そこで開発されたテクニックがオン・ザ・ニーです。

まず親指側の方向プレートが当たるよう意識してダンベルを握ります。

次にダンベルを引き上げながら立ち上がります。

太ももと膝の中心に小指側のプレートを添えてベンチに腰掛けます。

股関節を直角にキープしながら、ダンベルで太ももを支えます。

そのまま仰向けにベンチの方へと倒れます。

そして行いたいトレーニングのスタートポジションへ持っていきましょう。

肩甲骨の寄せを初心者トレーニーは、つい忘れがち。

しかしオン・ザ・ニーをする際も、必ず肩甲骨をギュッと寄せるよう意識してください。

パワーブロックダンベルで筋トレ可能な種目

腹筋の美しい男性

多種多様なトレーニングに対応しています。一例を挙げると、ダンベルフライダンベルカールダンベルプルオーバー、ダンベルローイング、ダンベルショルダープレスダンベルベンチプレスダンベルスクワットなどです。

その他にもサイドレイズやトライセップスエクステンションなど、かなり幅広く体の部位を鍛えることができます。

人気パワーブロックダンベル10選

どういった商品が支持されており、各々どのような違いをおっているのか見ていきましょう。10位から紹介していきます。

10位:MRG ブロックダンベル セット 可変式 ダンベル 50ポンド(3~20kg)×2個

[1年保証] MRG ブロックダンベル セット 可変式 ダンベル 50ポンド(3~20kg)×2個
MRG(エムアールジー)
販売価格 ¥27,800(2018年3月21日12時21分時点の価格)

27通りの組み合わせができるブロックダンベル。

1kg単位から調整することができるので、細かく刻みながらトレーニングをしたい人にマッチした商品です。

わずか5秒で重量を変更することができます。ピンを抜き差しするだけで、3kgから20kgまでの幅で筋トレすることができます。

縦が20cm、横が33cm、奥行きが19cmとコンパクトに設計されており、赤いレバーをOPENに位置へ持っていくことにより、内蔵されている重りの着脱が可能になります。

9位:可変式ブロックダンベル90ポンド(41Kg)2個セット)

★入荷しました!★可変式ブロックダンベル90ポンド(41Kg)2個セット)◆シャフト抜き差しでワンタッチ調整◆
大和実業株式会社
販売価格 ¥39,800(2018年3月21日12時23分時点の価格)

ポンド表記のため慣れるまで少してこずるかもしれませんが、しっかりと作られており長期的に使用することができます。最大で41kgの重さにすることが可能。着実に筋肥大を求める人にとって、心強い味方と言えるでしょう。

8位:【Hilax】 ブロック型 ダンベル 簡単脱着 可変式 50ポンド (約23kg)×2 筋トレ トレーニング ペア 左右セット

【Hilax】 ブロック型 ダンベル 簡単脱着 可変式 50ポンド (約23kg)×2 筋トレ トレーニング ペア 左右セット
Hilax
販売価格 ¥28,800(2018年3月21日12時24分時点の価格)

3万円以下とかなりリーズナブルな価格です。16段階の重量設定がされているため、鍛えたい重さでトレーニングできます。最大で左右23kgのウェイトでトレーニングが可能です。重さの変更がスムーズにできるため、ストレスなく使えます。

7位:THINKフィットネス POWER BLOCK(パワーブロック) SP EXP 90LB

【正規品】 THINKフィットネス POWER BLOCK(パワーブロック) SP EXP 90LB
THINKフィットネス
販売価格 ¥126,360(2018年3月21日12時25分時点の価格)

12万円を越える価格のため、購入する側にとって勇気のいる代物であることは間違いありません。ブラックを基調としたデザインが格好良く、トレーニーの気持ちを盛り上げます。

肉体を鍛えることは、自身のデザインセンスを向上させることでもあります。筋トレに必要なテンションを獲得するために、スタイリッシュなパワーブロックダンベルを購入してみてはいかがでしょう。

6位:ブロック ダンベル 2個セット

ブロック ダンベル 2個セット
販売価格 ¥59,980(2018年3月21日12時26分時点の価格)

購入者のレビューを確認すると、問題なくトレーニングを続けられていることが分かります。黒とカラフルな色彩が絶妙の調和を醸し出しています。

5位:【Hilax】 ブロック型 ダンベル 簡単脱着 可変式 50ポンド (約23kg)筋トレ トレーニング 1個

先ほど紹介したものの単品別売り。「まずはひとつ買って確かめてから、ふたつめの購入を検討したい」という人向けに販売されています。

4位:[1年保証] MRG ブロックダンベル 可変式 ダンベル 50ポンド 3~20kg

[1年保証] MRG ブロックダンベル 可変式 ダンベル 50ポンド 3~20kg
MRG(エムアールジー)
販売価格 ¥14,480(2018年3月21日12時27分時点の価格)

ダンベルトレーニングは多くの場合、左右の手でダンベルを握る運動が多いものの、座った姿勢で行うダンベルカールのようにひとつのみでも問題ないケースがあります。そういった人にとって一万五千円以下で購入できる、こちらのパワーブロックダンベルはお手ごろといえるでしょう。

 ベスト3位を発表!

ここからは商品クオリティーの高さから、ユーザーに強く支持される商品の解説となります。甲乙つけがたいパワーブロックが並びます。

3位:【正規品】THINKフィットネス POWER BLOCK(パワーブロック)アドバンスタイプ SP50 [50ポンド/23kg]

4.5kgから23kgと筋トレ初心者から上級者までをターゲットにした網羅性の高い商品です。マグネットの付いているピンを抜き差しすれば、瞬く間に重量の変更ができます。広いスペースを確保できない人にとって、うってつけの一品です。

2位:ブロックダンベル 2個セット 両腕分 可変式ダンベル トレーニング 筋トレ フィットネス

広いトレーニングスペースがない環境でも、存分に体を鍛えることができるアイテムです。ピンを差し替えるだけで、すぐに重量を変えられるシンプルな構造となっています。ユーザーの二大欲求であるコンパクトさと使いやすさを兼ね備えています。

1位:可変式パワーダンベルセット 90ポンド(約41kg)×2 両腕分 調節可変式ブロックダンベル

ブロックダンベルの中で不動の人気を誇る商品です。片側で最大41kgの重量となります。こちらのブロックダンベルをマックスウェイトで使いこなすことができれば、一流のトレーニーであることが証明されます。

まとめ

腹筋の美しい男性

一見とっつきにくい印象を抱く人も少なくないパワーブロックダンベル。

しかし、こちらの器具を使うメリットが数多くあることを理解していただけたはずです。ジムに行く時間が割けず、自宅での隙間時間にトレーニングを考えている人は購入を検討してみてはいかがでしょう。

       

あなたへのオススメ記事

カテゴリランキング

関連記事

  1. 赤いダンベル

    筋トレに役立つ!オススメのトレーニング器具

  2. ストレッチする女性

    ストレッチポールおすすめ人気ランキング20選!ストレッチポールで腰痛、肩こり対策!

  3. ゴムチューブを使う男性

    ゴムチューブで筋トレ!自宅トレーニングメニュー紹介!

  4. アンクルウエイト

    【2018年版】アンクルウェイトおすすめ人気ランキング10選!アンクルウェイトの効果と使い方、トレー…

  5. ダンベルセット

    アイロテックのダンベルは○○が違う!?プロがおすすめする本当の理由とは!?

  6. 上半身裸の若い筋肉男ジムでダンベル運動の中間セクション

    イ ビョンホンの筋肉が凄すぎる!筋トレメニューと画像まとめ

  7. バルクアップHMBプロ

    【体験レポート】bondsの人気商品、バルクアップHMBプロを徹底紹介!HMB初心者にも安心の飲み方…

  8. 上腕三頭筋

    ケーブルトライセプスエクステンションのやり方と効果とは?上腕三頭筋を鍛える筋トレ!

  9. バランスディスクを使っている男性

    【バランスディスク】おすすめバランスディスクのランキングベスト10をご紹介!効果的な使い方とは?!【…

人気記事

  1. セクシーボディーの筋肉男性
  2. スピードスケートをする男性
  3. 体の綺麗な女性
  4. 女性のヒップ
  5. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  6. 綺麗な筋肉の男性
  7. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  8. 卓球選手
  9. バドミントンプレイヤー
  10. 足首を気遣うランナーの写真
  11. 火災熱い組合せの野球
  12. 筋肉質な足
  13. 赤い腹筋ローラー
  14. 筋肉の美しい女性
  15. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  16. アンクルウエイト
  17. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  18. 腹筋の綺麗な男性
  19. 床に斜め crunches スポーティな男
  20. 卓球選手
  21. むきむきな男性
  22. 腹筋を確認する男性
  23. 腹筋の鍛えられた女性
  24. 腹筋
  25. 軽いダンベル
  26. 柔道の試合
  27. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  28. 運動をしている人々 のグループ
  29. バスケの試合

おすすめ記事

  1. 握力計 「握力計おすすめ人気ランキング15選!精度、正確性で徹底比較!」
  2. ジムで鍛える男女 ジムでの出会いが恋愛に発展⁉︎男性必見!スポーツしながら恋人をゲッ…
  3. 引き締まったシックスパックの男性 ウエストダイエットでお腹を引き締める方法について
  4. プランクする外国人男性 自宅で行う筋トレメニューのオススメ種目とは?
  5. ダンベルスクワット 何回やればいい?スクワットの回数について
  6. ブロックを使いヨガをする女性 【ヨガ】ブロックおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!正しい使い方と選び方を教…
  7. ボクシングする女性 b-monster(ビーモンスター)の恵比寿店を徹底調査!料金やクーポン、シャワ…
  8. ジム 体脂肪率を落とすには?効果的な運動と食事で脂肪を消費してエネルギーに変化!
  9. ヨガマット トレーニングマットおすすめ人気ランキング10選!自宅筋トレには必要不可欠なトレー…
  10. 三角筋 ケーブルフロントレイズのやり方と効果を解説!肩/三角筋前部を鍛える筋トレ方法

カテゴリー

最近の記事

  1. 丘に向かってサイクリングする男性 サイクリングパンツ(メンズ)おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!初心者へのお…
  2. 【サッカー】ボールおすすめ人気ランキング15選を徹底比較!コスパが良いボールから…
  3. 【サプリメント】鉄おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!運動すると必要な量が増…
  4. 【サプリメント】マルチビタミンおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!健康的にト…
  5. 【サプリメント】亜鉛おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!スポーツする人ほど亜…
  6. サプリメントの山 【サプリメント】アミノ酸おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!効果別の選び方を…
  7. 卓球ラケットとボール 卓球用サイドテープおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!かっこいいだけじゃないテ…
  8. テニス道具と女性用スポーツバッグ テニスバックおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!種類の違いや選び方を教えます…
  9. ダイビング器材の準備をする ダイビング用ウエイト類おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!ウエイトベルトなど…
  10. ダイビングバッグおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!メッシュバッグや防水タイ…

おすすめ記事

  1. 腹筋台 腹筋台をプロがランキング形式でご紹介!正しい使い方と効果について
  2. 滴水の下でサッカー選手の周りのスプラッシュ サッカーに必要な筋肉とは!?筋トレ方法と筋トレメニューを紹介!
  3. 赤いダンベル 筋トレに役立つ!オススメのトレーニング器具
  4. ハムストリングのトレーニング レッグカールのやり方と効果とは?自宅でできる筋トレ!ハムストリングを鍛える!
  5. 旧奈良県立図書館 鬼瓦 オードリー春日の筋肉が凄い!ボディビルかマッチョか? 
  6. 男性バレーボールプレイヤー 【バレーボール】メンズ用シューズおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!メーカー…
  7. ライブスタジオ 【暗闇フィットネス】今大流行の暗闇フィットネスとは?トランポリンからフィールサイ…
  8. スモークと共に現れる美しい背筋の男性 腰痛や肩こりを軽減する背中のストレッチ方法
  9. 街を走るマラソンランナー ランニング用アームカバーおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!メンズ・レディー…
  10. バドミントンプレイヤー バトミントンで使う筋肉とは?筋トレに必要なトレーニング方法を解説

月別記事

PAGE TOP